未就学のお子さんにぴったり!おすすめの教育教材

幼児期の子育てを応援する情報サイト

幼児期の教育は一生モノ!大切なお子様にたくさんの学びを提供

「乳幼児の時期に教育教材をつかうのは早すぎるのでは?」 そう考えるご両親も多いと思います。 しかし人格形成の基礎が成り立つこの時期にこそ、教育教材を利用してほしいのです。 今でこそ豊富な種類の教育教材がでているので、お子様に合う教材をみつけ、豊かな心を育んであげましょう。

多様な学びを提供できる教材

小さいうちは学校のように知識をつけるだけではなく、しつけや生活習慣など人間の基本も身につけなくてはなりません。 しかし実際に教えるとなると、結構難しい…と思った経験、ありませんか? もう悩む必要はありません! 教育教材では絵や遊びを通して覚えられる工夫が満載なので、お子様も楽しく身につけられます。

どれにする?人気の教材をご紹介

「いざ教材を注文しよう!」 そう思って検索をしてみると、たくさんの商品があり悩んでしまうと思います。 そこで、お子様の個性にあった教材を選んでいただくために、人気の商品をピックアップ! 実際にどのような商品があるのか、教材内容だけでなく、気になる予算もご紹介します。

教育教材のあれこれ、教えます

「三つ子の魂百まで」ということわざをご存知でしょうか?
これはただのハッタリではなく、科学的に実証されているのです。
子ども脳は6歳までに90%にまで発達をとげ、12歳にはほぼ完成すると言います。
この6年が人の一生のなかで如何に大事な期間であるか…よく分かりますね。
人格形成の基本は、この時期にどのような教育を受けるかによって決まる言っても、過言ではありません。
1度しかないこの時期に、それぞれのお子様にあった教育を施してあげたいですよね。
そして幼児期の子どもの脳はとても柔軟で、スポンジのように様々なことを吸収できます。
だから言い換えれば、この時期を逃す手はない!とも言えるでしょう。
生まれてから何もかもが未発達の赤ちゃんは、外の世界に適応しようと、脳の活動が非常に活発になるのです。
これは年をとると次第に薄れるので、幼児期の特権です。
例えば大人になって英語を学ぼうにも、なかなか思うように話せるようにならない、といった経験、ございませんか?
文法をひたすら覚えても、話せるようになる訳でもなく、結局身に付いてない。
でも思えば自分が今これだけ日本語を流暢に話せるようになったのは何故でしょうか。
特に勉強するわけでもなくいつの間にか話せるようになっています。
それは幼児期、脳が大発展を遂げている期間に、両親や周りの人達の中で生活することにより、自然と覚えていけたのです。
脳が活発なので、自然と様々なことが身につけられる、この貴重な時期。
それぞれのお子様にあった教育を見つけるための、パパ・ママ必見の情報サイトです。