幼児期の子育てを応援する情報サイト

幼児期の教育は一生モノ!大切なお子様にたくさんの学びを提供

幼少期からはじめられる教育教材

一般的に習い事というと、先生の自宅や塾といった場所に出向いて受講するので、ある程度の年齢を過ぎなければ出来ません。
しかし、通信教材であれば乳児期(0歳)からスタートできます。
「0歳から何ができるの?」
と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、知育玩具や絵本、DVDなど、様々なアプローチから学習が可能です。
今ではタブレットを使った商品も多く出ています。
早期教育というとなんだか抵抗があったり、敬遠されがちですが、
小さい子どもにとって「自分はできるんだ!」という体験は今後の学習意欲や興味関心に大きく影響するのです!
幼少期にあまり成功体験を重ねられなかった子は、
小学校に行っても「どうせ出来ないんだ」という無力感により、あまり学習意欲がわかなくってしまいます。
より多くの体験や経験を通して、小さいうちからお子様に自信をつけてあげたいものですね。

安価から始められる!両親も安心な通信教材

塾や習い事に行くとなると、お月謝で大抵5000円以上はします。
それに比べて通信教材では1000円以下のものから、高くて3000円代が相場なので、親としても気軽に始められます。
また、昨今では乳幼児の教育教材を出す業者も増え、たくさんの種類からお子様一人ひとりにあった教材を選択することが可能になりました。
挿絵やカラーページのないシンプルな教材は、お子様の想像力を育て、より多方面からモノがみられるようになるでしょう。勿論、価格も安いのでご両親にも嬉しいですね。
キャラクターものを使用していたり絵本や付録が充実している教材は、お子様の興味関心をそそり、より自発的・主体的に学習に取り組むことが出来るでしょう。
どの教材にも一人一人のお子様にとってメリット・デメリットがありますし、ご両親の予算もあります。
今は無料でお試しができる教材が多いので、よく吟味して選んでいきましょう。


この記事をシェアする