幼児期の子育てを応援する情報サイト

多様な学びを提供できる教材

知識だけではない!様々な学びが得られます

乳幼児期は、マナーやしつけなどといった基本動作を学ぶことも大切です。
通信教材ではそのような人間の基本動作の教育についても取り扱っています。
また、乳幼児期においては小学校や中学校などと違い、知識を受動的に詰め込むというよりかは、
その詰め込む入れ物自体を、今後の学びの為に大きくしていく、ということが大切になっていきます。
そのためにはどうしたら良いのでしょう?
それは、主体的な疑問(なぜ?どうして?)を引き出し、自主的に「学びたい!」という経験を多く積んであげることです。
教育教材では子どもの興味関心をうまく引き出し、主体的な学びが出来る様々な工夫が施されています。
遊びの感覚で、うまく学習に促してあげられるのです。
この習慣を積み重ねると、後々子ども自身の「伸び力」がどんどん膨らんでいきます。
勿論、平仮名や時計の読み方など、基本的な学習も取り扱っているので、多種多様な学びが会得できます。

ご両親にとっても心強い教育教材

お子様だけでなく、お母さん・お父さんにとっても、子どもにどうやって物事や勉強を教えれば良いのか、悩みどころではないでしょうか。
教育教材ではそんなご両親のために、
子どもに対しての教え方や声かけの仕方を紹介しているので、スムーズに教育することができます。
お子様の年代別に教育方法やお悩み相談などといった親向けの雑誌も付録についているものもあるので、読んでみると育児が気楽になるかもしれません。
また、お受験を考えている方々も、中にはいらっしゃると思います。
もしその場合は、受験校にあわせた教材を出しているところもありますので、是非一度検索してみてください!
今の通信教材は様々なご両親のご要望やニーズに対応している業者さんがたくさんあります。
通信教材であれば通うより割安で始められますし、塾や習い事と併用して使うのも良いですね。


この記事をシェアする